1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 大きい顔を小さくする前に知っておくべき知識

大きい顔を小さくする前に知っておくべき知識

顔が大きいせいでブサイクに見えるという悩みの原因は大きく分けて2種類のパターンが有ります。
そして顔が大きい悩みの内一方は自力で小顔にすることが比較的簡単です。

一方は顔の肉付きの量が多かったり場所が頬やアゴだったりすることが原因となっているもの、もう一方はエラやアゴなどの骨が原因で顔が大きくなっているものです。
顔が大きいせいでこれから自暴自棄になったり美容クリニックの評判を調べて相談をするか迷う前に、最低限の知識を蓄えておきましょう。

エラと頬骨は顔を大きく見せる

大きい顔には2種類あります。

・肉のせいで顔が大きく見えるパターン
・骨格的に問題があるせいで大きく見えるパターン

のふたつです。
お分かりいただけると思いますが、前者の太っていたり無駄な肉がついているせいで顔が大きく見えるタイプの人は割と簡単に小顔になれます。こちらのタイプは整形する必要はありません。

前者の場合は肉の付きすぎが原因なので顔の肉さえ落とすことが出来れば、少なくとも人として最低限のレベルの顔の大きさになるのは簡単です。
痩せたり余分な水分を顔から絞り出するだけで「デカい顔するな」などといわれたり、話しかけただけで異性から嫌な顔をされたりしなくなります。

大変なのは二つ目の骨格的に問題があるタイプです。こちらのタイプは主にエラと頬骨(ほおぼね)が顔を大きく見せる原因です。
こちらはひどい話ですが痩せたところでなにも解決できません。そもそもこっちのタイプはたとえ骸骨になってもデカいままなのです。骨は痩せようがありません。

骨のせいで顔が大きい人は、たとえどれだけ努力し挫折する度に再び立ち上がって他の情報源から小顔術を探したところで、無駄です。
例えば歯を痩せさせる事はできません。顔の骨もそれと同じです。

歯のダイエットなどという考えは普通そもそも浮かびませんが、もし現実的に歯を小さくしたければ、歯医者に相談して削ってもらうしかありません。

実際に骨格レベルでのデカ顔であった場合も同様に美容整形でお医者さんなどに削って小さくする方法しかありません。

エラのはった顔は歪みが原因で無ければ整形するしかない

顔が大きくて悩んでいる人がエラや頬骨を小さくする方法などと検索したところで、見つけることができるのは歪みを矯正する方法です。
はたして顔が大きいのは骨が歪んでいるせいでしょうか?当たり前ですが整体で骨は小さくなりません。頭蓋骨自体が大きい場合は整体などを受けてもおそらく無駄に終わります。

知ってか知らずか、顔の骨自体が大きな作りになっていてもそれを受け入れられない人も存在します。そんな彼らですが、彼らは小顔にするために日々懸命な努力をストイックに続けています。
「自分の知らない何か良い方法があるに違いない」「諦めなければデカ顔は解消できるはず」と信じて欠かさず情報収集もしますが、それは結局「自力で顔は小さくできる」と思っていたいためになんらかの結論を先延ばしにしつづけているだけです。
顔の大きいその人も本当は分かっているのです。

確かに努力で顔を小さくすることは可能です。しかしそれは歪みやむくみなどが原因の場合に限られます。もし自分のデカ顔が解消不可能である場合は、3つの選択肢しかありません。

1:二度ない人生なので素直に整形でも受ける
2:これまでのような扱いを人から受けながら努力するふりをつづける。
3:自力で小顔になる方法は無いのでデカ顔を受け入れて生きる

人間的には3つめが一番成長できそうですね、開き直ってコンプレックスから逃げている用に他人からは見えるのが残念ですが。

整形せずに顔を小さくするには

顔を小さくするための最も確実な方法は整形手術をすることです。エラやアゴの骨を削る手術を受けることによって顔を小さくすることが出来ます。
しかし実際のところコレに踏み切るのは手術に失敗した時、成功してもその後の経過など様々な点で不安が大きいことは否めません。

経済的にも心理的にも肉体的にも非常に大きな負担がかかります。失敗した場合は目も当てられない事になるでしょう。
整形した人間という汚名も被らなければなりません。

もし顔をどんなことをしても小さくしたいのであれば、先に他の選択肢をひと通り試すべきです。
自分のコンプレックスの原因がむくみや歪みによるものなのか、それとも骨格レベルの問題なのかを把握するためでもあります。

特に小顔エステや整体などであれば整形ではありませんし負担も少なくて済みます。整形するくらいでしたら先にこちらを試すほうが懸命です。
身近にある整体院などで一度相談してみることをおすすめします。

もし顔を小さくしたいのにエステをまだ受けたことがないのであれば、有名なところにしましょう。
わからないのに下手に選んで失敗するのであれば、無難なところを選ぶべきです。

判断する基準はいろいろあるとは思いますが、誰も知らないようなところは危険です。理由はなんの訓練も受けていない人でもその気になれば開業できてしまうからです。
規模が小さいところはそういった管理が行き届いていないのでやめましょう。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー