1. トップページ
  2. 顔を小さく見せる方法
  3. akbに学ぶ小顔術~可愛いは作れる~

akbに学ぶ小顔術~可愛いは作れる~

大人気のアイドルユニットですが、中にはよくよく見てみると「?」と思ってしまうようなメンバーもたくさんいます。
一体なぜ人並みの子も多い彼女達がこれほどまでの人気を得ることが出来たのか?そして顔が大きい人もいることを意識させないのか?

そこには「いかに可愛いと思わせるか」のための泥臭い数々の努力が有ったのです。
彼女たちは決してモデルのような綺麗な顔をしているわけでもなければ、顔が小さいというわけでもありません。
徹底的な計算のもとで顔を小さく見せる髪型、可愛く見せる髪型をするように努力しているのです。

そんな彼女達akbの努力の中でも、もっとも大きな特徴である小顔術である”触角”について学んでみようと思います。

なぜakbは触角ヘアーばかりなのか?

akbakbと鬱陶しくなるくらいの昨今です。TVや街中で一日一度は目にするのではないでしょうか?

そんな彼女たちにはある共通した特徴が有ります。それはメンバーの大部分が同じようなヘアスタイルであるということです。
そしてメンバーが揃って似たような髪型をするということは、揃って同じイメージを植え付けたがっているということです。
アイドルである彼女達が見るものに植え付けたいイメージは一つしか有りません。

自分たちをカワイく見せることです。

これは人間の原理原則ですが、人は服でも髪型でもそれを選ぶときには「自分はこう見られたい」というイメージを反映したものを選択します。
真面目に見られたいのに七色のモヒカンで鼻ピアスをつける人はいません。もしいたとしたらその人は真面目という概念を学習する機会が無かったのでしょう。
普通はフォーマルな格好に落ち着いた髪型にします。もしかすると眼鏡などもかけるかもしれません。

可愛く見える事が商売である彼女達が揃いも揃ってあの髪型をするということは、あの触角ヘアーにはそれを可能にする力があるということです。
どんな人でも小顔に、それでいて可愛らしく見える様にする事ができるのがあの触覚ヘアーなのです。

触角がかの有名プロデューサーのアイデアであるかまでは分かりませんが、少なくともあれだけの人数で髪型がかぶりまくっていることからも分かる通り万人を可愛く見せる事が可能な髪型なのでしょう。

顔だけよく見ればホントにアイドル?というようなメンバーでさえ可愛いくみせるあの髪型にはきっと様々なテクニックが織り込まれているに違いありません。

触角は技術立国日本の誇る、可愛い雰囲気を作り出すための技術の結晶なのです。

触角ヘアーで小顔カワイイが創れるのはなぜか?

あえて創れるという字でタイトルを付けました。大きな顔でも触角ヘアーにすると可愛くなれるのはなぜか?ということについて検証したいと思います。
そのためにまず触角ヘアーとは何なのかについて整理します。

触角ヘアーとは:こめかみから耳の少し前のあたりまでの範囲の前髪を下ろして隠す髪型。下ろしかたにも顎のあたりまで、頬骨のあたりまでとバリエーションがある。色は黒髪が多い。

この髪型のポイントとしては顔のこめかみのあたりで前髪をおろしていることです。これさえすればあなたも触角ヘアーの仲間入りです。小顔かわいい雰囲気美人の仲間入りです

では一体なぜこめかみを隠したがるのでしょうか?こめかみを隠すことで顔が小さく見えるのには理由があります。

それは、顔の大きさの印象を決めるのがこめかみから外側の部分だからです。
顔のパーツがのっかっている中心部は、実は人によってあまりサイズの差はありません。パーツのサイズの差はあれど、誰でもパーツはほぼ同じ面積の中に収まるのです。
大きさの個人差はむしろそこから外側のエラ・鉢回り(こめかみから外側)が決めるのです。

そしてこのエラ・鉢回りを触角は効率よく隠してくれるため、顔が大きい人であっても小顔に見せる事が可能なのです。
顔が大きいと可愛くありませんので、そのためにアイドルである彼女達が編み出した知恵の結晶であるといえます。

また黒髪であることもポイントです。
茶髪だと膨張色ですので頭全体がぼやっと大きく見えますが、黒髪にすることで色のコントラストによりシュッと顔の隠した部分が目立たなくなります。
隠している範囲自体も偽装できるのです。

このテクニックを活用出きるのは女性に限った事では有りません。いわゆる雰囲気イケメンなどの髪型においてもこめかみのあたりを隠す事を非常に重要としています。
顔のサイズに悩むすべての人に、一度試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー