1. トップページ
  2. 顔を小さく見せる方法
  3. マフラーでアゴを隠して顔を小さく見せる

マフラーでアゴを隠して顔を小さく見せる

デカ顔を隠すには冬は最高の季節です。
寒い時期にしか身につけられないファッションアイテムが大量にあり、それらはどれも顔を小さく見せかけるのに便利なものばかりだからです。

顔を小さく見せるためのファッションにはそれぞれ二つの役割があります。ひとつは人の注意を引き付けるもの、もうひとつは余分な部分を隠すものです。
これらの役割を踏まえてうまく使いこなすことによって、マフラーやメガネと言った効果的な小顔アイテムを使いこなして顔が大きいのを隠すことが出来ます。

今回はマフラーで顔を小さく見せる方法を紹介します。春のファッションや秋口などに顔を小さく見せるのであればストールなどで応用することも可能ですのでぜひ参考にしてください。

アゴがでかい事によるデメリット

顔の大きさの印象を決めるパーツとして頭の鉢まわりや頬骨や顎が挙げられます。どれも顔の輪郭を決定する要素で、人が顔のサイズを見定めるときに自然と目が行ってしまう場所です。

今挙げた三つの中でも冬だからこそ小さく見せる事が簡単にできるのがアゴです。

アゴは大きいとワニっぽいというかゴリラっぽいというか、顔が大きい以外にそういったなにか不細工な動物っぽい印象を与えがちです。
もし自分では「そんなことない」と思っていても、それを見る人には関係ありません。自覚があろうがなかろうが、印象はアゴがでかいかどうかで決まるのです。

顔が大きく見えるうえにマヌケなゴリラのように見られてしまうのは悔しいことこの上ありませんが、諦めてはいけません。

アゴを隠して顔がデカいのを誤魔化せ!

アゴが原因ならアゴをかくすのがもっとも確実な方法です。不細工な人間だって顔を隠せば不細工かどうかはわかりません。

同じようにアゴのせいで顔がでかくて少しだけ見苦しい顔になっているのであれば、アゴをかくしてしまえば良いのです。
アゴを隠すのには冬はもってこいの季節です。マフラーを付けていても「顔がデカいからみんなに隠してるんだね」などと言われることはありません。

「寒いから」という立派な言い訳が準備されています。なるならともかく、秋冬はマフラーを付けていても誰も文句は言いません。

顔が大きい人は必ずマフラーをつけて外出しましょう。これはアゴのせいで顔がデカい人以外でも効果があります。

マフラー小顔巻きで顔を小さく見せる

顔を小さく見せるためにマフラーを巻くのであれば、普通のマフラーではいけません。小顔にするためのマフラーは生地が厚手で長めのものである必要があります。

いわゆるロングマフラーの中から生地の厚いものを選んでください。

次に巻き方ですが、マフラーの真ん中を首の後ろに当てて両端をそれぞれ一周させて首の後ろで結んでください。
この時不自然にならない範囲でできるだけ緩く結びましょう。結んだ両端の長さが余って肩の前にかける事ができれば完璧なマフラー小顔巻きです。

人より顔がデカい事を自覚している人はぜひ試してみてください。自覚のないひとも小顔に見せる巻き方ということでおすすめです。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー