1. トップページ
  2. 顔を小さく見せる方法
  3. 髪型で顔を小さく見せる方法

髪型で顔を小さく見せる方法

髪型で顔の大きさを誤魔化すための基本的なポイントについて解説したいと思います。少しでも顔のサイズを小さく見せたい方は参考になると思います。

がむしゃらに顔が大きいから髪の毛でとにかく隠してしまうというのは間違ったやり方です。下手に髪の毛のボリュームで顔を小さく見せようとすると、かえってずんぐりむっくりした印象を与えてしまいます。
小顔のためのヘアカラーにおいても同様です。オシャレではなく小顔のためであるという目的を見失ってしまっては本末転倒だからです。

顔がデカすぎて辛くてしかたがない人であれば当たり前にやっている事ですが、間違ったやり方をしていないか一度見直してみると良いかもしれません。

小顔ヘアーはデカ顔の味方

顔が大きいというのは辛いものです。とくに写真を撮ったり誰かと隣に居るときなど、どうしても人の目が気になってしまいます。
なので何とかして顔を小さく見せたいと思うのは、顔が大きいことに悩む人であれば誰でも同じです。

一体どうすれば良いのか?一番手軽で簡単なのは髪の毛で顔を隠すことです。髪の毛は一部のハゲと呼ばれる人以外は誰もが平等に所有しています。
以前触角ヘアーでも解説しましたが、顔がデカい人にとって髪の毛は心強い味方です。

お金もかからずゴミもでない、極めてエコな小顔術なのです。

では具体的に一体どのようにすれば小顔に見せることが出きるのでしょうか?そのためには小顔ヘアーが抑えておくべき必要最低限の原則さえ満たしていれば問題はありません。
この原則を守ることさえできるのであれば、あなたもすぐに小顔ヘアーになることが出来ます。

では小顔に見せる髪型の原則とはどのようなものなのでしょう?難しくはありません、誰でもできる簡単なものです。
その原則とは、目尻から1センチのちょうどこめかみの辺りの位置に髪を下ろすことです。

髪型で小顔に見せたければ目尻から1センチ

小顔にするための髪型の目的とはもちろん、人から見える顔の表面積を極力減らすことです。顔を覆う髪の面積が大きければ大きいほど優秀な小顔ヘアーになります。

とはいえ、いくら面積を抑えたいからと言ってがむしゃらに髪の毛を下ろしまくれば良いわけではありません。その考え方の行き着く先は貞子ヘアーです。

確かにというか間違いなく小顔に見えますが、そもそも顔が見えない上あまりに不自然過ぎます。
ここからも分かる通り、小顔ヘアーのためには顔の露出を抑えると同時に「いかに自然に見せるか」も重要になってきます。
そもそも綺麗に見せたいのに貞子ヘアーでは本末転倒です。やや極端過ぎる例でしたが、これは大切な事です。

小顔に見せたい気持ちばかりが先行してまわりからは変な目で見られるような髪型をしてしまっている人になっていないかチェックすべきです。

なので結論として、目尻から一センチ程離れたところに髪の毛を下ろすのが良いでしょう。それほど不自然にもならず、デカいエラを隠して小顔に見せてくれます。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー