1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 痩せて顔を小さくする

痩せて顔を小さくする

太ると顔が大きくなります。太っているのに顔が大きい事で悩んでいる人がいますがそれは逆なのです。

肥満は体全体にまんべんなく肉づきを良くします。お腹や手足に脂肪がつくのと同様に、首や顔も脂肪で肥大化します。
もし自分の顔が大きいことの原因が骨格のせいだと思っている人がいるのであれば、少しは脂肪という要素についでも考えてみるべきです。

100%骨格が原因で顔が大きい人もいなければ、脂肪が原因という人もいません。
少なからず誰でも余分な脂肪のせいで人から顔が大きく見られているものなのです。

痩せることで人は少なからず小顔になります。顔が大きいことに悩んでいて痩せる余地がある人は一度ダイエットに励んでみる事をおすすめします。

頬肉が顔を大きくする

なぜ太ると人の顔は大きくなるのでしょうか?わざわざ考えるまでもないことですが、顔にも肉が付くからです。
肉好きがいい人はそうでない人に比べると骨格が同じだとしても、やはりデカ顔に見られてしまいます。

特に顔の肉の中でもサイズに一番影響を与えるのはほっぺたの部位です。
ほっぺたの部分は一番肉付きがいいという理由だけではなく、顔の輪郭を決めるときに影響を与えるからです。
鏡で自分の顔を見れば分かる通り頬は顔の外側に位置しています。太るとこの部分に肉がつくので、輪郭を外側に押し広げる事になります。

もし太っている人が小顔にする方法は何かと聞かれれば、ほっぺたの肉を落とすことが一番確実な方法と言えます。

小顔にするためにはダイエット、顔ヤセは存在しない

ほっぺたの肉が顔の大きさを決めることは既に説明しました。次は具体的にどのようにして顔を小さくするのか?という事が問題になります。

つまりどうすれば頬肉を落とす事ができるのか?を知る必要があります。

ではどうするか?というと「とにかく痩せる」これしかありません。部分的に脂肪を落とす部分ヤセなるものをできれば良いのですが、実際にはそれは不可能です。
これは部分的に脂肪をつけることが出来ないのと同じ理由です。

全体的に痩せることが顔ヤセにつながるのです。もし顔が大きいことがコンプレックスで今太っている人はとにかく痩せる努力を継続する以外の選択肢はありません。

ほっぺの肉だけを落とす方法は脂肪吸引などの例外を除いて存在しないのです。小顔にするために少しずつでも良いのでダイエットをしましょう。

もし即席で小顔効果が狙いたいのであればむくみを取って小顔にする方法について書かれたページが役に立つと思います。

繰り返すように顔痩せは存在しませんが、顔に汗をかいたりして余分な肉を落とすことは出来ます。とにかく顔の無駄な肉を落とすことが小顔には必要なのです。
また、顔の血行を良くすることも大切です。脂肪を燃焼させるにあたって脂肪は分解されて全身に行き渡るときに、血行が悪いと分解された脂肪がそこから消費されにくくなります。

顔のマッサージなどをして、ダイエット前のストレッチと同じように運動前には備えておくべきです。

肉は小顔の天敵です、とにかくボリュームを落とすことが顔を小さくする最良の方法だということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー