1. トップページ
  2. 顔を小さく見せる方法
  3. 顔を小さく見せる前髪はコレだ

顔を小さく見せる前髪はコレだ

顔の大きさは前髪次第で見え方が全く異なります。そしてもし前髪をうまくセットすることができれば、大きな顔であっても小さく見せることができるのです。小顔に見せる前髪づくりは難しくありませんので、ぜひチャレンジしてみましょう。

よくファッション誌の中でもヘアカタログのような雑誌では、コンプレックス別の髪型特集のようなものがやっています。
顔が丸い人はあ〜だエラ張ってる奴はこ〜だみたいなあれです。

髪型でコンプレックスをごまかすことは十分に可能です。特にそのコンプレックスが目や鼻や口ではなく、顔の輪郭の大きさや形の場合は大きな効果を発揮します。
なぜなら髪の毛で余計な部分を隠すだけで良いからです。目や口を隠す髪型があれば不自然極まりありませんが、顔の大きさを隠すことは自然な髪型の範囲で十分可能です。

そしてそのためには前髪が最も重要になります。前髪にちょっとした工夫を心がけるだけで、今とは違ったあなたが見つかるはずです。

小顔に見せるためには前髪の配置が命

顔の大きさは輪郭で決まります。ぬいぐるみのように目鼻口が顔の中心にあったとしても、輪郭が横と縦に大きい場合は顔が大きいと人から認定されます。
大きな顔の原因とはなにかといえば、それは鉢周りやエラやアゴが発達し過ぎているために醜さを感じるサイズになっていることが原因なのです。

ではどうするか?隠すしかありません。見るものを不快にさせるような要素は髪の毛で隠してしまえばよいのです。
そのためには前髪がうまく小顔に見えるような位置に配置する必要があります。

小顔に見せるためには、前髪で顔の大きな部分への印象を和らげると同時に顔の側面を髪の毛で適度に覆うことが効果的です。

そういった条件を満たした前髪とは一体なんなのでしょう?それはズバリ、七三分けです。
小顔に見せるための理想の前髪は七三分けなのです。

顔を小さく見せる髪型は前髪を七三分けに

七三分けと言っても、サラリーマンのメガネの似合うしょぼいおっさんのような髪型ではありませんのでポマードで塗りつけたような風にセットする必要はありません。。
ここで言っているのは前髪の左右の比率のことです。

小顔に見せるためには前髪を7対3の割合で斜めにゆるくウェーブさせることが効果的なのです。なので前髪を適度にアシメントリーにしつつ、エラや鉢周りを横の髪の毛で隠すようにしましょう。

こうすることで前髪は縦のラインで顔の横への広がりをごまかすことが出来ます。
縦のラインを73分けで印象づけた上で顔の横の部分を大胆に髪の毛で隠してしまえば小顔に見せる髪型の完成です。

前髪による印象と、前髪以外の部分をうまく連動させることで自然な小顔ヘアーにすることが出来ます。
いわば前髪は視線の誘導役、それ以外が実行役です。
アゴやエラを隠している側面の髪の毛を、意識させないようにすることが前髪の役割なのです。

顔の大きい部分を隠していることを意識させないようにする、これを心がけるだけで顔を小さく見せるためのコツを掴んだも同然です。
隠していることに気づかせないことが小顔に見せる方法に共通した基本です。

顔を小さく見せたくて前髪をいじってばかりいる人は、七三分けをぜひ試してみてください。

とはいえ結局のところ顔を小さく見せる髪型にする方法として一番簡単かつシンプルな方法は、美容師さんあたりに「顔でかいから何とかしてくれよ」とお願いすることでしょう。
美男美女が多い美容師の前で高らかにコンプレックスを宣言する屈辱で胃がただれそうな気がしますが、一番簡単かつ確実な方法はこれです。

鼻で笑われていることに気づいていないふりをしながらカットしてもらいましょう。

さらに小顔に見せるために万全を期すのであれば前のページの小顔に見せたければ膨張色に髪を染めるのは避けるも参考にされるといいと思います。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー