1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 顔が小さくなる人と小さくならない人の違い

顔が小さくなる人と小さくならない人の違い

小顔整体や小顔エステ等の様々な顔を小さくするためのサービスや商品がありますが、効果が現れない人もあります。顔を小さくできる人と出来ない人の差は一体なにが原因なのでしょうか?

顔が大きいことは様々なデメリットをもたらすため、容姿コンプレックスの一つとして多くの人たちを悩ませています。
綺麗でもないのに鏡を見ている姿を「その顔でなんでナルシストになれるの?」とからかわれたり、態度でそれとなく示されたこともあるでしょう。

そういったデメリットの根源である顔の大きさのコンプレックスを解消するためのサービスや商品を利用して願っていた小顔に近づいた人もいます。
しかし一方で、一向に顔が小さくならずに落ち込んでしまう方がいらっしゃるのも事実なのです。

小顔になるためのサービスや商品を利用しても小顔になれないことがあるのは一体なぜなのでしょうか?

顔がなぜ大きいのかあなたは把握しているか?

一般的に小顔グッズやサービスはある程度の効果はあるものです。多かれ少なかれ顔は最初よりも小さくなるため、程度の差はあれ満足感は得られます。

例えば小顔産業として考えられるものとしてサービスでは整体やエステや美容整形、グッズでは浮腫みを取るマスクや化粧品などが挙げられます。
ダイエット関連を含めるかは人の考え方によりますが、顔を中心としたダイエットであればここに含めても良いでしょう。

こういった小顔産業は顔が大きいことで悩んでいる人のコンプレックスを解消するサービスや商品を提供する対価として、お客さんからお金をもらっています。
デカ顔に悩んでいる人はコンプレックスを解消するために最も適したサービスや商品を品定めし、選別したものを利用します。

もし顔を小さくしたいのに選び方を間違えた場合、それは無駄になるだけではなく他の効果的な方法を選択する妨げにもなるのです。
自分に効果がありそうだと納得した上で選ぶことが重要です。そうしないと「悪徳業者だ」「騙された」などと効果がない商品を売りつけられたと感じてしまいます。

自分のコンプレックスの原因をはっきり理解し忘れると小顔にするのに失敗してしまうのです、一体なぜでしょうか?
それには根源的な原因が把握できていないことが理由としてあげられます。

原因を取り違えている限り小顔にはなれない

一体なぜ小顔グッズを利用したにも関わらず顔を小さく出来ないことがあるのでしょうか?

例えばいつも頭が痛くてたまらない人がいるとします。

その人は「きっと風邪でもひいているのだ」と思い風邪薬を飲んだのに治らなかったので、あれこれ不安になってモニターとにらめっこしながら何時間も調べ続けます。
その合間に”ここの風邪薬が効かない”とブログや掲示板に書き込むことも忘れません。
いくら調べてもわからないし頭もどんどん痛くなっていくので、仕方なく病院に行くとお医者さんから呆れた顔で「眼精疲労が原因ですね」と言われてしまいました。

ここから分かるように、この人は頭が痛いのは風邪のせいだと思い込んで風邪薬を悪者に仕立てあげたのです。
きっと普段から目の使いすぎで、調べ物を何時間もしているところからもそれが伺えます。
しかも良かれと思ってやった治すための調べ物が、逆に自分をどんどん悪い方向に追いやってしまっています。

誤った原因のための解決策は、本当の原因のための解決策ではありません。
正しく問題の原因を把握せずに問題を解決しようとすると、自分の時間とお金を無駄にするだけではなく、悪者にされた風邪薬の会社にも迷惑をかけることにつながるのです。

顔が大きいのはこの4つが原因

顔が大きい原因は複数あります。顔が大きい人がいた場合その原因は一つではなく、これらの原因が複数重なりあって今の状態を作り出しています。

顔を大きくする原因は以下の4つに大別されます。自分が主にどれが原因となっているか?第二の原因は何か?を把握しておくようにしましょう。
1:「脂肪」
2:「骨格が歪んでいる」
3:「浮腫みや筋肉のたるみ」
4:「骨格が大きい」

1から3までの原因の場合は小顔グッズやサービスを利用すれば比較的スムーズに効果が挙げられます。歪みが原因なのに浮腫みの対策などをしなければ無事小顔にすることができるでしょう。

ただし自分が原因を正しく把握できているとは限りません。歪みだと思っていたら筋肉のたるみだったり、あるいはただ太っていて脂肪のせいで顔が大きいだけという人もいるでしょう。
解決策は原因に対応していなければ意味はありませんので、自分はどれとどれの原因でなっているかなどをよく考えてみましょう。
思い込みも厳禁です。

しかし4の「骨格が大きい」だけは美容整形によって骨自体を何とかするという負担の大きなものになります。
エラ削りや骨の長さを短くするなどの外科的方法で、手術して解決する以外に方法はないと考えられます。

おそらく他のサービスを試しても効果はありません。むしろ他の効果がなかった方が最終的に諦めきれなかった場合に選ぶ手段です。
もし整形せずに顔を小さくすることができるのであればそれが一番良い方法です。最初から美容整形を選ぶ方はいないとは思いますが、一度冷静になって考えてください。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー