1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 小顔マッサージの正しいやり方

小顔マッサージの正しいやり方

顔が小さくなる小顔マッサージのやり方を紹介したいと思います。今回は顔の浮腫みと筋肉のたるみを取ることが中心のマッサージになっていますので、いざという時のために覚えておいても損はないと思います。

またこういった小顔体操にせよ小顔マッサージにせよ、普段から行っておくことで小顔癖をつけることが出来ます。
なのでダイエットのための軽い運動としてちょっとしたストレッチをする感覚で、寝る前や起きた時にこの小顔マッサージを行うことをおすすめします。

朝に「なんだか今日は顔がむくんでるな〜」という時にも、ぱぱっとむくんだ顔を引き締めるのにも効果的な方法なのでぜひお試しください。

浮腫みは顔を引き締めれば取れる

顔が大きいことがコンプレックスな場合、一番最初に注目すべきは顔の浮腫みです。

浮腫みとは余分な水分がたまって膨らんだ状態の事ですが、浮腫んでしまって大きくぶくぶくした顔は見ていてもあまり気持ちの良いものではありません。

単純に顔が大きい場合はそれはそれで問題なのですが、浮腫みによって顔がおおっきくなっている人は頬の肉が膨らんでいてアゴもシャープとは程遠いブヨブヨとした状態になっています。
口元もなんとなく肉厚になってしまいますし、顔全体が不健康な青白い印象になります。

顔が浮腫んでいる人は、なにかふやけてぶよぶよした肉の塊のような気持ち悪さがあります。浮腫んでいる人をイメージしてくれると分かると思うのですが、浮腫みとは不健康さの現れなのです。
不健康さがぶよぶよと膨らんだ顔に現れているので、どうしても浮腫んでいる人を見るとあまり近づきたくないと思ってしまうのです。

顔が大きく見えるわ印象も不気味になるわと、浮腫ませておいていいことは何もありません。
さっさと余計な水分を排出して顔を引き締めてしまいましょう。

浮腫みの原因は水ぶくれですので、血行を良くして顔の細胞から余分な水分を排出させれば解消できます。
では早速顔の浮腫みを治すためのマッサージのやり方について説明します。

顔を引き締めるにはどうすればいい?

顔の浮腫みを取るためには余分な水分を排出しなければならないことは説明しました。では具体的にどうやって顔を刺激すれば膨らんだ状態を治すことができるのでしょうか?

ただ単に顔をこすってもそれなりに効果はあるといえばありますが、単純に血行と代謝の促進だけに頼るのは非効率です。
なので今回紹介する小顔マッサージでは血行と代謝を高めつつ、水分をうまく顔から逃すことを目的とした方法になっています。

小顔法としては非常にシンプルです。こんなに単純なマッサージでいいの?と思ってしまうかもしれませんが、そこは顔の浮腫みがひどい時に実際に試してみればわかります。

顔を小さくするマッサージのやり方

指を隙間なく揃えた状態で中指の先が鼻の横に当たる位置に置きます。
次に手全体を使って顔を軽く抑えながら耳の方向にすべらせます。

やり方はこれだけです。5回ほど上手にやれば顔の浮腫みが綺麗に落ちます。
シンプルながら、浮腫みを取るためにはこれが一番効果的なマッサージなのです。

顔の大きさに悩んでいる方、顔がむくんでしまっていますぐ何とかしたい方はぜひ試してみるとよいでしょう。

小顔マッサージは顔のむくみをとり、表情筋の緊張をほぐすことを意識するとより効果が出ます。 ただしマッサージをするときは力を入れすぎて顔の表面にあまり負担をかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー