1. トップページ
  2. 顔を小さく見せる方法
  3. 帽子で小顔に見せるには

帽子で小顔に見せるには

小顔に見せるためのグッズ定番といえば何があるでしょうか?マフラーや大きめのメガネという手もありますが、やはり定番は帽子でしょう。小顔に見せたいなら帽子は外せない選択肢です。

顔が大きい人にとってファッションはコンプレックスを隠蔽するためには非常に重要です。
むしろコンプレックスのためにファッションに取り組んでいると炒っても過言ではないはずです。

そんな顔を小さく見せるファッションの基本である帽子はどのように、どのようなものを選べばよいのでしょうか?

帽子の小顔効果

帽子とデカ顔は切っても切れない関係にあります。

顔を小さく見せるという点で、他のファッション小物と帽子の決定的な違いがあります。
それはなんといっても大きさです。

まず第一に帽子そのものがサイズが大きいため、どんなに顔の大きい人であっても帽子より顔が大きいということは無いでしょう。
小さめの帽子が入らないというのはさておき、帽子全体の大きさを見れば顔より小さいことは一目瞭然です。

第二に帽子は頭にかぶるために自分の顔全体のイメージを左右することができます。
絵で言うところの枠と同じ存在なのです。

帽子は顔の額縁のようなものだと考えてみるとわかりやすいでしょう。

大きな絵であっても、更に大きな枠の中にぽつんオシャレに飾っておけば、絵の大きさはどう見えるでしょうか?
もちろん絵の存在感を考えた時には絵と同じサイズの楽譜地に入れるのがベストですが、我々の場合は顔を目立たせたくないので好都合です。

他の小物ももちろん効果的ですが、「顔を小さく見せたいからどれか1つ選べ」というのであれば迷わず帽子をすすめます。

大きな帽子で小顔に見せるのであれば大きめの帽子がベストチョイスなのです。

小顔に見せる帽子の選び方

理想の小顔帽子とはなにか?ということが当然次の問題になってきます。

極論すれば麦わら帽子がベストなのですが、ファッションとの兼ね合いもありますのでそこは個人個人のファッションに合わせていただくしかありません。

もし革ジャンにエナメルのズボンで麦わら帽子などかぶっている人がいれば、何かの罰ゲームか時代を先取りしすぎて空回りしてしまっているとしか思えません。

ただひとつだけ帽子選びの基準を示すことは出来ます。
それは、顔を小さく見せるのなら帽子のつばが目立つものを選ぶことです。

イメージ的には不自然にならない範囲で、きのこのようになることを目指してください。
きのこの傘が帽子です。もう一度繰り返しますが、不自然にならない範囲でです。

ぜひ自分の顔の大きさをごまかすためにピッタリの帽子を見つけてください。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー