1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 小顔にする3つの方法

小顔にする3つの方法

顔を小さくするために効果的な3つの方法を紹介します。顔を小さくしたい方は是非参考にしてください。

スタイルの良し悪しと大きく関係し、容姿が評価される上で小顔であることは非常に重要です。少しでも小さくしたい方、サイズに悩んでいる方はこれから紹介する小顔法を一度試してみてください。

特別な道具や準備などは必要としないので気軽に試していただければと思います。

顔を小さくする3つの方法

これから紹介する方法はどれもそれほど難しくなく、簡単にできる方法です。
なのでぜひ顔を小さくしたい方は役立ててみてください。

方法1:骨の歪みを取る運動

顔の歪みや2重アゴの原因となる筋肉を鍛えて小顔にすることができるのがこの舌回し運動です。やり方は口の中で下を右回りと左回りでつかれるまで回すだけです。
やり終わると顔が引き締まるので即効性も高いく場所も選ばずできるので、ちょっとした休憩時間などにもできるおすすめの小顔法です。

方法2:むくみを取る

顔に溜まったむくみを一時的に解消します。やり方は人差し指と中指を鼻の横から沿わすようにアゴの辺りに付け、そのまま耳の方向に肉を移動させるように動かすだけです。
十回ほどやりましょう。
輪郭や頬、アゴのラインがスッキリして小顔になります。

方法3:痩せて小さくする

肉の付き加減は人が思っている以上に顔の大きさの印象に影響を与えています。自分は太っていないから、そのせいで顔が大きくなどなるわけがないと思っていても実は間違いなのです。
顔の肉付きがヤセ型の人とぽっちゃり形の人では、同じ骨格でも顔の大きさは全く異なります。気づいていないと思いますが、痩せるだけで顔はかなり小さくなるのです。

小顔は継続が大事

小顔にする3つの方法でした。どれも効果的な方法なので、ぜひ試し自分に最も効果的なのはどれか確認してみてください。

おすすめ度で言うと方法1の運動が一番です。たるみの原因となる筋肉をまんべんなく鍛えることができるので、一番根本的解決に近い方法だからです。
ダイエットも効果的ですがいかんせん時間がかかりますし、すでにヤセ型の人のはあまり効果が出づらいというデメリットもあります。
丸顔の方にはダイエットが一番お勧めです。

個人の特徴ごとに効果が出やすいものも出づらいものもあるかと思いますが、正しいやり方で反復して行えば少しずつ小さくしていくことは不可能ではありません。
毎日小さな努力を継続することが必要です。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー