1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 下膨れの顔を治す方法

下膨れの顔を治す方法

下膨れの顔はコンプレックスに感じやすい顔の形の一つで別名ひょうたん顔ともいいます。下膨れの形を治すにはどうすればよいのでしょうか?

そもそも下膨れ顔だと自然と人をイライラさせてしまうところがあり、周囲からの風当たりも強烈です。好き好んでひょうたんみたいな形になったわけでもないのに、です。
たしかに真面目な表情をしていてもなんとなくふざけているような雰囲気になることは否めません。しかし望んでこのようになりたがる人などどこにもいません。

コンプレックスを解消するためにも、なんとかして下膨れた形を治したい。
そのためには、なぜひょうたんのような形になっているのかを理解する必要があります。顔の下半分が大きくなってしまっているのはなぜなのでしょうか?

ひょうたん顔になる二つの原因

ひょうたん顔とはうまいアダ名を付けたものだと思います。確かにひょうたんのように口元がぷっくりと膨らんでいて、そのせいでひょっとこを見るものにイメージさせてしまいます。

一体この口元の膨らみは何が原因なのでしょうか?
もしそれがわかれば対策を立てて、少しずつ解消していくことが出来ます。

一体何が顔を下膨れさせているのでしょうか?

顔を下膨れさせる原因には大きく分けて2つあります。
ひとつは歯並び、もうひとつは口元の緩みです。

膨らんでいるのに内側が空な訳ありません。口元がぷっくり膨らんでいるのは歯並びが原因で大きくなっているのか、口の筋肉が緩みすぎて外に膨張しているかのどちらかなのです。

下膨れを治す運動

歯並びの場合は歯医者に行くでもするしかありません。しかし歯並びが原因で下膨れている場合はそれは難しいかと思います。
なぜならよっぽどの出っ歯である場合を除いて、歯並びによって下膨れになるのは歯茎自体の大きさがアンバランスなのが原因だからです。

つまりアゴ骨の大きさの問題なのです。この場合は美容整形などの領域になってくるので、普通に歯医者さんで解決することは難しいでしょう。

しかし、口元のたるみが原因である場合は対処は簡単です。
たるんでいるなら引き締めればいい、筋肉が弱っているなら鍛えればいいのです。

口元が緩んでいると感じる方は、下膨れを治すためにも口元の筋肉を鍛える運動をすることをおすすめします。

やり方は簡単で、柔らか目のペットボトルをくわえて呼吸するだけです。空気がもれないように吸って吐いてを繰り返して口元の筋肉を引き締めることが出来ます。
他にも横にしたペンや割り箸などを唇で挟んでギュッとキープするというトレーニングもあります。

どちらも回数に決まりはないので疲れるまで回数をこなしてください。

下膨れ顔を治すには日々の積み重ねが大切です。ぜひ実践してください。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー