1. トップページ
  2. 小顔に役立つグッズ・サービス
  3. 小顔整形は削るもの以外もある

小顔整形は削るもの以外もある

顔を小さくする最後の手段として美容整形が挙げられますが、実は骨をどうこうするものだけではありません。これだけではどういうものなのかピンときませんので、わかりやすいように小顔整形の種類を4つにまとめてみました。

デカ顔コンプにとって小顔整形の知識は常識です。むしろこれを知らない人間はもぐりのデカ顔コンプと言っても良いくらいです。

どこの美容クリニックでも大抵小顔手術はこの4つで分類されていますので、この機会にぜひポイントを抑えておきましょう。

小顔にする手術は4種類

小顔整形といえばイメージするのは骨を小さくする手術の方が多いと思いますが、それは数ある手術内容のうちの一つに過ぎません。

同じ顔を小さくする事が目的の手術といえど、そのやり方はどれも異なるのです。これは顔を小さくするために着目するポイントが異なるからです。
何が顔を大きくしているか?つまり顔を大きくしている原因に応じて手術内容が変わってきます。

顔を大きくしている原因は以下の4つです。

1.脂肪
2.たるみ
3.筋肉
4.骨

これらの原因に応じて手術内容は決まってくるため、大きく分けて小顔整形は4種類に分別されるのです。
4つの小顔整形がどのような内容なのか順番に見て行きましょう。

脂肪とたるみの小顔整形

頬の脂肪などは比較的顔への影響が大きい部分です。なのでこうした顔の大きさへの印象の大きい部分の脂肪を減らすことで、顔を小さくするのが一つ目の手術です。

内容は脂肪を溶かす薬を注入するものなどで除去をするものとなっています。比較的体への負担が小さいため、プチ整形の一種と言えるでしょう。

そして2つ目はたるみを取ることで小顔にする手術です。
顔の表面がたるんでいると大きく見えます。例えば上で説明した場合と同様に頬の肉がたるんでいるところを想像していただければわかりやすいと思います。
こちらも余った皮膚を除去したり細い糸で持ち上げたりするもののため、比較的負担がかからずに済みます。

小顔整形は必ずしも体への負担の大きい物ばかりではないのです。

筋肉をスリムにする整形

筋肉が肥大化していると部位によっては顔が大きくなってしまうため、その部分の筋肉をあまり使われないようにして細くしたり取り除いたりするのがこの方法です。

部位としては頬や顎の筋肉です。これらの部分が顔を大きくすることがあるのを理解するには、顎に力を入れて咀嚼筋を触ってみればわかりやすいと思います。
硬いものをしっかり噛んで食べるのは健康的ですが、小顔的にはこうした部分の筋肉が発達してしまうのは良くありません。

こうした発達しすぎて顔を大きく見せてしまう部分の筋肉をスリムにして小顔にするのがこの方法です。

骨の小顔整形

キング・オブ・小顔整形といえば骨を小さくしたり薄くするこの手術です。小顔整形と聞いた人がイメージするのはほぼ100%この手術といっても過言ではありません。

今まで見てきたように顔を小さくするための手術は何もこの方法だけでは無い事はわかっていただけたかと思いますが、やはりダントツの小顔力と負担の大きさを誇るのは骨格へアプローチする手術でしょう。

手術内容の説明は不要な気もしますが一応しておきますと顎や頬などの骨の余分な部分を削って薄くしたり切り取って短くしたりするという、いかにもなものです。

4つの小顔整形を見てきましたができれば最初の二つ、最悪でも3つ目の筋肉のレベルでなんとか顔を小さくしたいものです。
小顔整形は顔の大きさに悩みを抱えている人間の最終手段ではありますが、なんとか他の方法でコンプレックス解消した人達の側に回りたいですね。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー