1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 頬肉を落として小顔にする二つの方法

頬肉を落として小顔にする二つの方法

頬肉といえば顔の中心部にありながら顔の大きさの印象を左右する重要な部位です。人によっては笑うと頬肉が盛り上がって輪郭の外側にまで広がる人もいるくらいです。

こんな厄介なほっぺたの余分な肉を痩せさせ、落とし、小顔になるためにはどうすれば良いのでしょうか?

頬肉が気になっている方やコンプレックスな方はぜひ参考にしてください。

それ自体が悩みになる

頬肉といえばあまり顔の大きさに関係のない気がする人も多いかも知れませんが、ほっぺたの大きな人にとってはとても大きな問題です。

普通の人であればほっぺたはそれほど気になるものではないと思いますが、頬骨の上に巨大な筋肉と脂肪のが固まってしまっているタイプの頬肉を持っている顔の人にとってはとても大きなコンプレックスです。
人によってはほっぺが大きいという一つの原因だけで顔がでかく見えて悩みの種になったり、女性なのに力士のような印象の顔になってしまってコンプレックスで鏡を見るだけで辛い毎日を過ごしている人もいるでしょう。

頬肉は顔が肉厚な印象になってでかく見えるだけではなく、ほっぺがでかいということ自体が悩みの種にもなるという無視できない問題なのです。
そんなマイナーなルックスの悩み、頬肉が厚さを解消するための方法として二つの方法を紹介したいと思います。
頬肉を落としてぜひスリムな印象の顔を手に入れてください。

笑いすぎると顔でかくなるよ

頬肉を落とすには、まず二つのアプローチが必要です。

まずひとつはほっぺたの筋肉を使い過ぎないことです。
面白い話やお笑い番組などでツボに入った時など笑いが止まらなくなると思いますが、そんな時にほっぺに筋肉の疲労を感じたことは無いでしょうか?いわゆる笑いすぎて腹がいたいならぬ頬が痛いです。
笑いすぎてお腹が筋肉痛になるように、頬の筋肉も筋肉痛になります。

大笑いしまくった結果頬肉が鍛え上げられてますます巨大なほっぺになってしまうのです。笑顔は頬の筋トレです、小顔の大敵なのです。
顔を引き締めるためにはある程度表情筋を動かす必要がありますが、ほっぺたの大きな人はむしろ鍛えすぎて肥大化しています。
ほっぺで笑う癖があるとも言えますので、もっと口の横の筋肉を使って笑うか、そうでなければ派手に笑いすぎるのを直したほうがよいでしょう。小顔のためです。

頬揉みで顔をスリムに

もうひとつの方法は頬肉を揉む事です。

おそらくここに来られている方たちは顔の特に頬の血行が非常に悪く、ついでに言えば頬肉自体が硬直化して脂肪も燃焼しづらい状態になっているはずです。

自分でほっぺを触って確認してみてください。きっと硬くてもんだり押したりすると軽い痛みがあると思います。
医学用語ではないのであまり使いたくないですが、頬肉がエステで言うところのセルロイド化していると考えてください。

血流が悪いため脂肪が燃焼するときに頬のあたりの脂肪が使われず、硬直化しているためにむくみも起こっているのです。
これを少しでもマシにするためにはほっぺたの気になるところとその周辺を良く揉むようにしてください。

あまり力を入れすぎずに押してぐるぐる回したり、指で摘んでもみましょう。
口から指を入れて外に押してみるのも良いマッサージになります。

注意点として力を入れすぎずに軽くやること、時間より習慣化が大切なので風呂場などで毎日やるようにすることを意識してください。

頬肉がでかいとただ顔が大きくなるだけではなくもっさりしたオタク顔や力士顔になってしまいます。
もっさり系オタク顔や力士顔を治すためにも顔を小さくするためにも、頬肉がでかいのは致命的ですので毎日の頬揉みを続けてみてください。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー