1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 親知らずを抜くと小顔になるのは本当?

親知らずを抜くと小顔になるのは本当?

親知らずを抜くと小顔になると言う話はよく耳にします。親知らずが生えていて全く問題が無い場合を除いて抜いたほうが良いと言われるため、もしそれで小顔になれるのであれば整形などすることなく悩みを解消できる事になります。実際の所どうなのでしょうか?

小顔に関する噂としてよく目にする「親知らず抜歯で小顔」説ですが、顔の大きさに強いコンプレックスを持っている人にとってはとても魅力的な響きがあります。

本当に親知らずと顔の大きさは関係しているのでしょうか?

「親知らず抜歯で小顔」説

親知らずといえば両顎の一番奥に生えている歯です。虫歯になりやすい、生え方が変で邪魔、噛み合わせがおかしくなる等々あまり生えていてメリットがあるとは言いづらい歯です。

役に立たず迷惑な上に我々顔デカコンプを加速させているのであれば、当然親知らずは顔が大きい人間にとって共通の許しがたい存在と言えるでしょう。

しかし親知らずを抜いて小顔になるというのはやや疑問を感じます。そこがこの「親知らず抜歯で小顔」説の噂たる理由です。

実際抜歯によって顎骨の長さや太さは変わらないため、親知らずを抜いたところで顔の骨格の横幅が変化することはありえません。しかしそれでも「親知らず抜いたら顔ちっちゃくなったよ!」と笑顔で語る人達は依然として存在しています。

かみ合わせのせいで顔がでかくなってたんだよ

結論から言うと「親知らずを抜いて顔が小さくなる事は確かにある」です。ただし顔の骨自体が抜歯の影響で小さくなったなどということではなく、あくまで副次的なものです。

なぜ親知らずを抜いて顔が小さくなるか仕組みを説明します。そもそも親知らずは不自然な方向や位置に生えてくる事が多いため、他の歯を圧迫します。そのため抜歯によって歯並びが綺麗になって噛み合わせが良くなり、咀嚼筋に無駄な筋肉がつかなくなります。

つまりこの場合は顎ではなく筋肉による小顔化です。抜歯で小顔と聞くと非常に魅力的ですが、実際には噛み合わせが矯正されることによる小顔なのです。

他には噛み合わせが極端におかしいため顎関節に負担がかかってエラが張っている人もある程度抜歯による小顔はありえます。

しかし話はそう甘くはありません、ここからが大切なところです。がっかりさせる事になりますが、親知らずを抜いて小顔になるのは

1:噛み合わせが親知らずで極端におかしくなってエラが張っている人
2:咀嚼筋が親知らずのせいで発達しすぎている人

に当てはまる人に限られます。さらにこれに当てはまっているとしても親知らずを抜いて小顔になれる人は少数です。しかも対して小顔効果もありません。
抜歯して小顔になる人のほうが珍しいのです。ほとんどの小顔になったと自称する人達は手術後の腫れが引くところをみて勘違いしているだけでしょう。

なれるのは一部の人だけでしかも大して小顔効果もないためそれが目的なのであればやる必要はないでしょう。
小顔になりたいのであれば親知らずを抜くよりも、歯ぎしりをやめたり体の姿勢を直して顔の歪みを取る様にしたほうがよっぽど健康的で効果的でしょう。

小顔になるために親知らずを抜く必要はありません。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー