1. トップページ
  2. デカ顔コンプレックス
  3. 顔の大きさの悩みで辛い時は

顔の大きさの悩みで辛い時は

容姿の欠点というのはコンプレックスになりやすいものです。顔の大きさの問題の場合は特にコンプレックスになりがちで、顔のパーツ自体の場合に比べて誤魔化したり治したりするのが難しいためコンプレックスと格闘する辛い毎日を送っている人も少なくありません。

身長や体重と言った事に悩んでいるという人を見かけただけでイライラすることも多いでしょう。もし足の爪の形がコンプレックスなどという人が存在することを耳にしたら不快感すら湧いてくるはずです。

このような正常な状態であれば気にならないようなことでさえ、デカ顔の悩みに苛まれ続けた精神には劇薬です。

顔の大きさのコンプレックスは気づかないうちにどんどんと精神的な疲労と不安定さが増していき、顔の大きさ意外の全ての悩み事に大して攻撃的になっていきます。顔の大きさの悩みと精神面でうまく付き合っていくためにはどうすれば良いのでしょうか?

デカ顔はあなたのせいではないのに・・・

「そもそもなぜ自分は顔が大きいのだ?」
「何か悪いことでもしただろうか?」
「顔が大きいせいで子供を苦しめておいて両親はなぜ平気なのか?」
「あんな悪人ですら顔が小さいのに」

などのような事を考えた経験に心当たりはお有りでしょうか?顔が大きいという問題について考えているといずれも頭に自然と浮かんでくる数多くの不満や疑問のうちのいくつかを出してみました。

これらよくありがちな不満や疑問にも表れているように、容姿のコンプレックスの一番つらい点は本人の選択とは無関係に容姿の問題が存在することです。
「よし!!ブサイクに生まれてやるぜ!」と決意して生まれてくる人は一人もいません。

生まれてきて気がついたらすでに顔がデカイ、顔を大きくされるような悪いことをしたわけでもないのに顔がデカイ。自由意志もなく一方的にデカ顔という呪縛を与えられてしまうのです。

顔が大きいことが悩みの人を探そう

自分の意志でも責任でもないにも関わらず、顔が大きいと蔑まれたり嘲笑されたり誹謗中傷の的にされた経験はお有りだと思います。
顔が大きいことがマイナスと評価される世の中の価値観に怒りを感じ、好きでなったわけでもないのにそれを笑いものにする世の中全般に絶望して見切りをつけようと考えている人も少なく無いはずです。

このような苦しみを感じるタイプの悩みであればこそ理解者が必要なのですが、顔の大きさの悩みというのはなかなか理解者が現れません。
理由は見た目が滑稽だからです。ハゲが理解より笑いの対象となりやすいのと同じなのです。

もしあなたが顔の大きさと顔が大きく生まれたことに対して苦しんでいるのであれば、精神的に苦痛を和らげる一番の方法は自分と同じくらいのデカ顔でコンプ持ちの人と知り合うことです。
理解者が少ない以上、同じデカ顔という境遇の人間と痛みをわかちあうしかありません。

容姿コンプレックスは精神面の問題と言われますが、実際には社会文化や集団内のランク付けなど様々な要因が背後に存在します。
顔の大きさの悩みで苦しめられないようになるためにはこうした要因を極力排除するために、自分とできるだけ似た状態の人と悩みを共有することが必要です。

デカ顔の悩みの掲示板などで自分以外の顔が大きいことで苦しんでいる人達と悩みを見たり聞いてもらったりすることで理解者を得ることは、きっと悩みと向き合う上で助けになるはずです。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー