1. トップページ
  2. 顔を小さく見せる方法
  3. 小顔に見せるファションアイテム「デカメガネ」

小顔に見せるファションアイテム「デカメガネ」

メガネをかけている人達はたくさんいますが、極端にフレームが太くて大きなメガネをかけている人を見てぎょっとしたことは無いでしょうか?ああいうメガネは個性的でポップな印象を与えるオシャレアイテムとして人気ですが、我々顔のようなデカい顔をした人間にとってはオシャレ以外の素晴らしい価値のあるアイテムなのです。

あのデカメガネには、フレームとレンズのデカさで我々のデカ顔度を相殺してくれる素晴らしい効果があります。他にも似たようなアイテムは帽子などがありますが、それでもああいったタイプのメガネは非常に魅力的です。

今回は顔を小さく誤魔化すためのデカメガネの魅力について解説していきたいと思います。小顔に見せたい人の必需品デカメガネについてぜひ学んでみましょう。

太くてデカいフレームのメガネで小顔

デカメガネはなんと言ってもあの極太フレームと不必要なレンズの大きさが魅力です。顔の大きさのコンプレックスを抱えている人間には、常に「少しでもいいから小顔に見せたい」「顔がデカイから隠したい」というニーズがあります。デカメガネはそういった4等身5等身のデカ顔達の悩みを解消してくれる素晴らしいアイテムなのです。

まず一つ目はデカ顔にありがちな顔のパターンです。普通顔が大きい人というのは顔自体は大きくてもパーツまでは大きくなく、パーツの位置も顔の大きさに綺麗に対応しているとは言えません。
具体的に言うと目鼻口は普通の大きさで、それらのパーツも顔の中心によって配置されています。つまり顔文字で表現するのであれば[∵]←これです。輪郭が余分にあるタイプのデカ顔がほとんどなのです。

もしパーツ自体も大きく、パーツも真ん中によっていないタイプのデカ顔の場合は周囲にあまりデカ顔だと感じさせません。コンプレックスにもなりにくいタイプのデカ顔です。
つまりパーツの大きさと配置も重要なファクターなのです。

デカメガネはパーツが小さく中心によったタイプのデカ顔であっても、その欠点を見事に埋め合わせてくれます。
デカイフレームとレンズは目の大きさと位置を錯覚させ、バランスの良い顔に見せてくれるのです。

またデカメガネ自体が大きめの帽子と同じように、知覚のコントラストで小顔効果を引き起こすメリットもあります。いえ、顔に直接装着するメガネという特性上帽子などより効果は上です。
小顔のラストウエポン「マスク」と同等の効果があると言っていいでしょう。

メガネなら季節を選ばず顔を小さく見せられる

しかしマスクが効果的なのであればマスクをつけていれば良いだけの話です。デカメガネがマスクよりも優れている要素、それはいつでもつけていられるという点です。

顔の大きさに悩む日々を送る人間としてはいつだってマスクをつけていたいものです。雨の日も風邪の日も唸るような暑い夏の日であっても、できることならマスクを装着して顔の大きさをごまかし続けたいでしょう。

しかし実際の所マスクを付けられるのは体調が悪かったりしたときか、寒い冬の季節と春の花粉症シーズンくらいのものです。そうでも無いのにつけ続けるのは不自然で怪しま荒れますし、冬や春でもTPO的にマナーの問題が合ったりでつけ続けるわけにはいかないことがあるはずです。

しかしメガネの場合は違います。春夏秋冬問わず、TPOを無視して堂々とつけ続ける事ができるのです。学校やビジネスなどでかしこまった服装をするシーンであっても、問題にならないギリギリのラインの色と大きさのデカメガネをセレクトすれば対処できます。

場所を選ばず季節を選ばずマルチプラットフォームでユビキタスに小顔体験を与えてくれます。そんな優れた小顔アイテムがデカメガネなのです。

小顔に悩むあなたともあろう方が、もし顔を小さく見せるためのこのマストアイテムを所有していないのであれば急ぎましょう。
一刻も早くメガネ屋に赴き、一番でかくて濃い色のメガネを購入しましょう。目がいい人は度なしのレンズでも入れておけばよいのです。

顔を小さく見せたいあなた、ぜひあなたの小顔メガネを探してみてください。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー