1. トップページ
  2. デカ顔コンプレックス
  3. 顔が大きいと逆にモテる

顔が大きいと逆にモテる

容貌が良くないと異性などからあまり人気が出ない・・・もっとストレートに言うと「ブサイクはモテない」ものですが、同様に顔が大きすぎるという問題がある人の場合はどうでしょうか?デカ顔のせいでモテないと考えている方は多いと思いますが、実は必ずしもそうではありません。

じつは単純に顔が悪いのとは同じなようで同じではないのです。

単純にルックスが悪い人と顔が大きいせいでなんとなく見栄えが悪い人との間では、実は恋愛などにおける立ち位置が似ているようで異なる点があります。容姿の問題が顔の大きさにある場合は普通にルックスが悪い場合にはないメリットがあるのです。

まずはルックスが悪い事のデメリットから

よく「人は見かけによらない」「人間の価値は見た目ではない」という言葉を耳にします。顔がデカイことにコンプレックスを持っている方やルックスで誹謗中傷されたりそっけない態度を取られた事がある人には聞き捨てならない綺麗事だと思いますが、確かにそういった側面はにあります。

顔が怖い人なのに優しかったり、ルックスが良いのに性格が悪い人がいたりなどです。確かにその人の外面が必ずしも内面をそのまま表しているものとは限りません。しかし現実として考えた時、人間は見た目で人を判断しないでしょうか?

一番見た目が影響する人生のシーンとして恋愛が挙げられますが、自分が異性を評価するときに外見を一切の指標として利用しないという方はいないと思います。そもそも心理学的にハロー効果という言葉が知られているように、人はひとつの印象で他の側面を推測する性質があります。

「本人に自覚があろうとなかろうと、脳は勝手に他人の外面から外面以外の部分まで推測するのです。そして一旦無意識であれ意識的であれ外見から情報を得ると、それは外見から得た情報に基づいて他人を評価する認知のバイアスになります。

具体例を上げると不美人な人と話す機会があってその人が性格的には明るいということがわかったとします。もし普通のルックスであれば「明るい気分の良い人」となるところが、「顔が悪いのに明るいのは無理をしてるから」だとか「性格の明るさでルックスの問題を誤魔化している」だとか「人は見かけじゃないって自分に言い聞かせてそう」というふうにバイアスがかかるのです。

「人は見かけではない」はひとつの倫理観として持っておくのはとても素晴らしいとは思いますが、それは姿勢の問題であって、外面から推測するという人間の能力を奪い去ることは出来ません。そうした能力が人にはある以上顔が悪いということはプラスになる性質のものではないのです。

異性と恋人になれるとしたらどちらが良いか考えれば答えは明白です。しかし単純に顔のつくりが悪いというのとは違い、デカ顔という悪さだからこそ得られるメリットも存在します。

顔がデカイ事によるメリット

顔が悪いにしても容姿の悪さにはさまざまなパターンがあります。輪郭が少し変だとかパーツが整っていないだとか、我々の場合はもちろん「顔が大きすぎる」です。

顔が大きいというのは間違いなく現代の美の価値観では美しさとは認められません。現代では小顔が良いもの、デカ顔が悪しきものとして扱われています。

しかし他の容姿における問題と比べると救いのある点もあります。それは顔が大きくても必ずしもブサイクとはみなされないという点です。顔の作りが整ってさえいれば、それは顔がでかくてもブサイクではありません。

例えば普通にルックスが悪いだけであれば単純に異性から相手にされないだけだと思います。しかし顔が大きいという欠点の場合は評価こそ落ちるものの、捉えようによってはそれを補うだけのメリットがあります。

それは自分の容貌よりちょっと下のレベルの異性からは人気がでるという点です。普通にブサイクなだけだと単純にブサイク同士になるので別にモテもしません。しかし顔が大きい場合を考えてみるとどうでしょう?

作りが悪いと同じレベル、作りが普通以上で大きさも普通なら手が届かない、しかし作りが普通以上でデカ顔だったら?そうです、急に”手が届きそう感”がでてくるのです。

顔が大きいという悩みは本人にするとたしかに辛いものですが、他の異性から見ると”手が届きそう感”が出るため、結果的に見ると作りも普通以上で大きさも普通の人よりモテるのです。

もちろん顔が大きいというのは容姿を語る上では良くない事です。バレエの学校などでは顔がデカイという理由で容姿に問題ありとして願書の顔写真でハネられるという時代もあった(今はないと信じたい)くらいです。確かにルックスの良し悪しにおいては小顔に過ぎたことはありません。

しかし恋愛という意味で見れば、選り好みする事さえしなければむしろ顔が大きいということで親しみやすさを演出してくれる武器にもなりえるのです。

顔が大きいからモテないというのは間違いで、もしモテないとしたらそれは必要以上にデカ顔コンプを持ちすぎて萎縮しているか、あるいが大きさ意外にも顔が良くないところがあるからなのです。

ただブサイクなだけとは違って、その気になれば顔が大きいことはこのようなメリットも享受できるのだと意識すればデカ顔もほんの少しだけマシに感じられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー