1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 小顔になれるツボとその押し方

小顔になれるツボとその押し方

もし押すだけで小顔になれるツボ(経穴の事、以下ツボ)があるのを知ることができたらどうでしょうか?整形することもなく、自宅で手軽に憧れの小顔になれるとしたらそんなに嬉しいことはありません。

今回は小顔に効果が有ると言われるツボとその押し方についてまとめてみました。

顔には多くの神経が通っていると言われており、人の触覚のおよそ50%が顔面に集中しているそうです。神経が多いところほどツボも多いため、まさに人の顔はツボの宝庫と言っていいでしょう。

今回はそんな顔ツボの中から、顔を小さくするのに効果があると言われている小顔ツボを2つ紹介したいと思います。

地倉(ちそう)と四白(しはく)で小顔

地倉と四白はどちらも顔のむくみを取ることのできるツボです。刺激することで表情筋の凝りを取り、血流とリンパの流れを良くすることでむくんだ顔を引き締める事が出来ます。

地倉の位置
地倉は口の両端から指一本分ほど横にずらしたところにあります。法令線と唇の端の間辺りです。

四白の位置
目の真下のくぼみにあります。目から下にラインを伸ばしていき、ゴルゴ線(目頭の下辺りから伸びる法令線みたいなの)と重なったところが四白です。

小顔になるツボの押し方
ツボの押し方は、左右の人差し指で力をほどほどに入れながらそれぞれ5秒ほど押し続けます。「痛気持ちいい」くらいの加減で5秒押して10秒離すのを1セットとして5セット前後行うのを基本にしてください。

始めのうちはツボの押す場所がわかりにくいかも知れませんが、「ちょっと顔むくんでるな〜」と感じた時に手軽にできるので覚えておくと便利です。特に寝起きのむくみでデカ顔になっているときなど重宝しますので身につけておいて損はありません。

顔がむくみやすい人は表情筋や体が弱っている

地倉も四白もむくみを取って小顔にする事のできるツボですが、それはむくみの根本的な原因の解消にはなりません。

表情筋が硬かったり普段から無表情で過ごしていると、顔の血の巡りが悪くなり結果として水が溜まりむくみやすい傾向にあります。普段から顔のマッサージや表情を豊かにしてこまめに血流が増えるようにしましょう。

また別に太ってもないのに顔パンパンというタイプの人はもしかすると水分を取り過ぎていたり内臓の働きが弱っている可能性もあります。

ツボを押してむくみを取って小顔になる事も良いですが、普段から顔に水が溜まってむくむような生活をしないことの方が大切です。できれば「小顔になってよかった」で終わらずに、運動で代謝をよくしたり表情筋を使って顔の血のめぐりを良くする習慣を身につけてください。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー