1. トップページ
  2. デカ顔コンプレックス
  3. 顔の大きさは半分は才能、半分は努力で決まる

顔の大きさは半分は才能、半分は努力で決まる

顔の大きさは先天的な遺伝などの要素だけで決まるように思えますが、それだけでデカ顔か小顔かが決まるわけではありません。モデルさんが努力によって美しいスタイルを手に入れるように、顔の大きさは変えることは可能です。

美を競うモデルなどの世界の人達は一部の怠けることを許された例外を除いて、大変な努力をしています。

食事や運動だけではなく、例えば無意識にでるしかめっ面をなくして皺になるのを防いだり等々、まさに日常生活そのものが努力であると言っても良いレベルの毎日を過ごしています。

そしてそこには当然小顔を含めたスタイルを維持するための努力も含まれます。

彼女たちの8等身・・はさすがにあまりいないにしても、パッと見た時に「顔が小さいな」を感じさせるあの小顔感は努力によるところも大きいのです。

ダイエットによる小顔効果を舐めてはいけない

例えば一番確実に小顔にする方法としてダイエットが挙げられます。

ダイエットによって頭蓋骨が小さくなることはもちろんありませんが、痩せているのと太っているのとでは人が顔を見た時の印象はかなり異なります。

例え大体の方は自分は太っていないと思っていますが、実際には顔にたっぷり脂肪が付いている人がほとんどです。痩せても変わらないと考えていても、実際にはまだ顔痩せ(痩せることで肉が落ちるという意味で)の余地はまだある人がほとんどなのです。

顔の筋肉だと自分では思っていて痩せても顔は小さくならないだろうと思っていても、実は顎の筋肉周りや頬の筋肉周りに脂肪がたっぷりある状態だったりするものなのです。

頭の鉢周りを測った時のサイズは変わらなくても、頬骨や顎のラインのムダ肉が落ちるとかなり顔の大きさは変わってきます。骨格の大きさは変わらなくとも痩せることで顔の大きさは印象的に一回りほど小さくできるものなのです。(もし丸顔なら有る意味とても有利です)

さらに言えば顔を横から見た時の顔つきも痩せることでかなり変わります。顔に肉がつくとき、真正面から見て横方向につくだけではなく、奥行きの方向にも肉はついています。いうなれば奥行きのデカ顔です。

奥行きの顔の肉付きは意識しづらいかも知れませんが、ダイエットで顔やせをして顔の奥行きが変わるとかなり顔の大きさの印象も変わるのです。

ダイエットによる小顔効果は実はそれ程に効果が高いのです。モデルさん達の顔の大きさはただの才能ではなく顔が大きくならないように脂肪率を保つという努力も背後には有るのです。

努力で小顔は作れる、少なくとも少しは

またモデルの小顔に貢献している努力の中でダイエットの次に影響が大きいのが小顔体操系のエクササイズや正しい姿勢に対するこだわりでしょう。

小顔体操系エクササイズといえば有名なベロ回し運動や変顔体操などのたるみ防止系体操です。たるむとデカ顔によくない顔の筋肉をしっかりと鍛える事で、無駄に大きくなることを防いでいるのです。

正しい姿勢を維持することも同様です。姿勢の崩れはふけ顔や法令線の原因となるだけではなく骨格の歪みを引き起こして顔を大きく見せる原因にもなります。また猫背になると顔が前傾して視覚的にも大きく見えるという悪影響があります。

小顔体操や正しい姿勢の維持など、モデルの人達が行っている顔を小さく維持するための努力はたくさんあります。

もちろん骨骼自体は変わりませんが、生まれもった骨格という才能と向き合いながらもするべき改善や小顔への努力は無駄にはならないのです。

デカ顔というと一方的に両親から与えられる遺伝などの先天的な変えようのないものと思いがちですし、確かに顔の大きさは固定的な側面もあります。

しかし”スタイルが良い””顔が小さい”と考えられているモデルの方たちでも意外と努力によって小顔を手に入れるために四苦八苦しているのです。

顔の大きさの悩みはまるで終わりのない苦痛に感じられますが、その悩みの内数%だけは自分で改善できるものかもしれません。

ほんの数%ですが努力で、ダイエットや小顔体操や正しい姿勢などを意識して、小顔になってみるのはいかがでしょうか?おそらく小さくなったところでまだ不満だとは思いますが、ほんの数%だけ前よりも楽な気持ちになれるはずです。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー