1. トップページ
  2. 顔を小さくするには
  3. 小顔ヨガをすると顔が小さくなる

小顔ヨガをすると顔が小さくなる

ヨガをする人は顔が小さい人が多いことをご存知ですか?体の歪みは顔の歪み、体が歪んでいると顔も歪んで顔が大きくなってしまいます。その歪みを治して顔を小さくする方法としてオススメなのがヨガです。

ヨガといえば最近はホットヨガとしてスポーティーな美容体操として人気ですが、ヨガはただ筋肉を鍛えるだけではなく骨格や姿勢を矯正する整体効果も魅力です。

代謝を良くし顔の歪みを取るヨガは、小顔を作りあげる日々の習慣としてとても効果的です。

おすすめの小顔ヨガ

ヨガは色々な種類があります。伝統的なものや最近流行りのホットヨガ、免疫力を高める健康法としてのヨガから特定の持病や臓器への効果効能の高いとされるものだけを集めたヨガまで様々です。

そんな中でもオススメなのが小顔ヨガです。小顔ヨガは小顔効果の高いものだけを集めたヨガです。顔の歪みを取る、血行を良くして代謝を挙げてむくみを取る、等によって顔を小さくする事を目的としたメニューになっています。

それでは順番に見て行きましょう。

体の前後の歪みを取る体操

まずは体の前後の歪みを取ります。猫背だったり逆にお腹を突き出したりしているタイプの歪みを治すのに効果的な方法です。

一つ目は正座前屈です。これは体が後ろにゆがんでいるのを治す働きがあります。内蔵も刺激され代謝が良くなりむくみ改善に効果があります。

  1. 正座する、両手は膝の上に置く
  2. 膝の上においた手をゆっくりと地面に沿って前に伸ばしていく
  3. 額が地面につくまで伸ばしたらストップし20秒ほどキープ
  4. ゆっくり元の正座に戻る

2つ目は正座後倒(こうとう)です。前にゆがんでいる人に効果的で、猫背などを治します。

  1. 正座する
  2. 正座したまま後ろに手をついてゆっくりと体を倒す
  3. 体を倒して背中と頭が地面についたらそのまま20秒ほどキープ
  4. ゆっくりと元の正座に戻る

正座後倒は簡単に言うと正座したまま仰向けに寝ている姿勢になります。初めてやるときは太ももや背中の筋に余分な力が入って負担が強いので、体が固い人は痛めることもあります。できる範囲でゆっくり、少しずつ行いましょう。

この正座前屈と正座後倒はセットで行います。顎だけが前に出たり猫背で顔が前に出ていたり、むくみで顔が大きくなっているのを治す効果がある小顔ヨガです。

ねじりの体操

ねじりの体操は体の横の歪み・ねじれの歪みを治します。よくテレビなどでも目にするポーズで、スポーツ前の準備体操などでも馴染みのあるポーズです。顔に影響しやすい体の横とねじれの歪みを治す小顔ヨガです。

  1. 足を伸ばして地面に座る
  2. 片方の膝を立て、反対側の腕の肘を当てながら体をゆっくりねじる
  3. ねじったら20秒ほどキープ
  4. ゆっくりと1に戻る

この小顔ヨガはかならず右をやったら左、左をやったら右というふうに必ず逆のねじりの体操もするようにしましょう。片方にだけねじれ・ゆがんでも綺麗に顔は小さくなりません。

歪みをよる体操と聞くとついつい歪みと逆側に矯正する運動だけをやりたがる人がいますが、それは間違いです。顔の歪みをバランス良く治すためにも必ず左右対称にバランス良くやるようにしましょう。

顔面びっくり・しわくちゃ体操

顔面びっくり・しわくちゃ体操は顔で行う小顔ヨガです。小顔に直接的な効果があります。

顔の筋肉の余分な緊張を取り、血行を良くしてむくみをとります。また顎関節や頭蓋骨の歪みを取って正常化します。

  1. 目をつぶり口をすぼめ、すごく酸っぱいものを食べた時の様に顔をおもいっきりしわくちゃにします
  2. 20秒ほどキープします
  3. 今度は逆におもいきり目と口をあけ、おもいっきり驚いた時のような表情をつくります
  4. 20秒ほどキープします
  5. 1から4までを数回繰り返します

顎関節が痛い人は無理をしないようにしてください。この小顔ヨガは顔で行うので、小顔効果が高い体操です。

むくみ取り効果と関節矯正効果があるので、代謝が悪いせいで顔に水が溜まりやすい方や顔が歪みやすい方(ひどい人は口がへの字になっている事もある)におすすめです。

上の体の歪みを取る小顔ヨガが面倒な人でもこの顔面びっくり・しわくちゃ体操だけは毎日行うようにするとよいでしょう。

どこでもちょっとした隙間時間を使って出来るので、手軽に顔を小さくするヨガを行いたい人には便利な方法です。人に見られて恥ずかしい思いをしないように気をつけましょう。

小顔ヨガは毎日少しずつ顔の引き締め・歪みとり効果が出る

ヨガをやっている女の人はみんな顔が小さいし歪みの無い顎や頭蓋骨をしています。しかしあれは毎日繰り返して努力した結果なのです。

小顔に効果的な体操のみを抜き出して紹介しましたが、それでも小顔効果はすぐには現れません。数カ月から半年は続けて行うべきでしょう。

ヨガは結果を焦らずゆっくりと力を抜いて時間をかけて一つ一つの体操を行うことが大切だとされています。この考え方は小顔ヨガを行う上でも大切です。

ゆっくりあせらず、時間をかけて少しずつ顔のむくみ歪みがとれて小さくなっていくのが小顔ヨガなのです。顔を小さくするため結果を焦らず、ゆっくり力を抜いて毎日行うようにしましょう。

スポンサーリンク

メニュー

RSS・RDF プライバシーポリシー